クワイ=ガン・ジン

エピソード1で登場し、オビワンの師匠としてかっこよく登場したクワイガン。緑のライトセイバーが似合いますよね。残念ながらこの一作でお亡くなりになりました。享年48歳。この記事を書いているときの店長と同じ歳だ・・・やばい、こんなにかっこよくない。ちなみにエピソード1の主役はこのクワイ=ガン・ジンです。

名前の由来(一説)

クワイ=ガン・ジンの名前の由来は一説によると

「開眼人」→「クワイ=ガン・ジン」と言われています。

実際のクワイガンも、ポッドレースでアナキンを見たときにフォースの存在に気付いたり、ダース・モールが既に滅びたとされていた「シスの暗黒卿」だと見破ったりなどかなり開眼しています。そもそもヨーダが無能だった説も出るくらい、クワイガンの本質を見抜く力はジェダイの中でも特に優れてたと思います。

どんなジェダイ?

クワイガンはどんなジェダイ?って言えば型破りなジェダイと言えるでしょう。ジェダイ評議会の意向を完全に無視したり、アナキンを弟子にするためにオビワンを無理やりジェダイ・ナイトに昇格させようとしたり、結構反発しています。見た目のクールで老獪な印象とやってることが随分ちがいますね。

彼の師匠は後に闇落ちするドゥークー伯爵です。ドゥークーの教えを受けたからジェダイの考えに完全に染まらず、シスの影響を見破れるような存在になれたのかもしれません。

恋愛してた?

正史ではありませんが、クワイガンは過去に恋愛をしています。トールというクワイガンの幼馴染ジェダイです。ある日、任務で敵に捕らえられたトールをクワイガンとオビワンは助けに行きますが、トールはひどくダメージを受けた状態で見つかります。クワイガンは敵を倒してトールを助け出しますが、傷が元でクワイガンの目の前で命を落とします。悲しい・・・


トールの死の直前

オビワンもクローン・ウォーズでサティーン・クライズといい感じになっていますし、アナキンは言わずもがな。クワイガン、オビワン、アナキンとジェダイの掟に反して恋愛しているところが面白いですね。

霊体化に初めて成功

霊体化と言えばスターウォーズのお約束。オビワン、ヨーダ、アナキン、ルーク、レイアなどが成功していますが、初めて成功したジェダイはクワイガンです。エピソード1の前、クワイ=ガン・ジンはミディ=クロリアンの故郷に住む“フォースの女官たち”から霊体化の術を学びました。まだ完全に習得してなかったので劇中で霊体で登場することはありませんが、エピソード2のときにタスケン・レイダーを虐殺した後にヨーダが"Anakin! Anakin! No!"と言うクワイガンの言葉を聞きました。これは霊体化がちょっとしか出来てなかったので、瞑想しているヨーダというフォースばりばりの状態だかから聞くことが出来たんですね。

んでクローン戦争の最中、クワイガンはヨーダに霊体化の術を伝授します。そしてオビワン、アナキンに受け継がれ、ルークやレイアも出来るようになりました。なので霊体化の元祖(?)はクワイガンなんですね。

クワイガンジンのライトセイバー


※写真はセイバーフォージ ガーディアン

クワイガンのライトセイバーは人となりを表すようなシンプルだけどかっこいいライトセイバーです!

各社のクワイガンのライトセイバーのレプリカ

クワイ=ガン・ジンのコラム一覧

現在人気のライトセイバー

セイバートリオのライトセーバーは、起動時に映画のように下から順番にブレードが点灯します(要オプション)。さらにそのままチャンバラにも使えます。

セイバートリオ社のライトセーバー

ライトセーバー ブランドごと

セイバートリオ
セイバーフォージ
ウルトラセイバーズ
セイバーアレックス
ベイダーズヴォルト
ルシファーセイバーズ
カイバーライト

ページの先頭へ